雑念日記

愛する本たちとともに送る、雑念だらけの日々。
文学・小説を中心にした簡単なレビュー。(最近面倒なので更新は程ほどに)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  

『いつか王子駅で」 堀江敏幸

いつか王子駅で
いつか王子駅で
堀江 敏幸

文学界のホリエモンは実に粋なお方であります。やたらと長い文章は決して無粋ではなく、実に瀟洒であります。吐き出される言葉はどれも艶やかで、しかもすっと入ってくる。以前、読んだ熊の敷石も同様でした。たまにはこういうのも良いかと。ほんとはもっと秘められた何かがあるのだろうけど、僕にはよくわかりません。ただ、なんとなく人の心理であったりとか人間の思考だったりとかに、突然切り込んでくる感じは素敵でした。

それにしてもこの二日で二冊。まあ短いけど、僕は何をやってるのでしょうか。明日からは少し重めでカフカを読みます。
comments(0)  trackbacks(2)  
  1/1P  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>