雑念日記

愛する本たちとともに送る、雑念だらけの日々。
文学・小説を中心にした簡単なレビュー。(最近面倒なので更新は程ほどに)

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-  -  
<< 『いつか王子駅で」 堀江敏幸  月光/暮坂 >>

ガルシア・マルケス イベント情報を入手!

piaaさんという方のブログから勝手ながら引用させていただきましたガルシア・マルケスの小説出版情報です。
06年9月「わが悲しき娼婦たちの思い出」(2004)
06年10月「コレラの時代の愛」(1985)
06年12月「百年の孤独」(1967)
07年2月「落葉」「青い目の犬」「エバは猫の中」他(1947-55)
07年4月「族長の秋」「エレンディラ」他(1968-75)
07年6月「悪い時」「ママ・グランデの葬儀」他(1958-62)
07月8月「愛その他の悪霊について」(1994)
07年10月「迷宮の将軍」(1989)
07年12月「予告された殺人の記録」「十二の遍歴の物語」(1976-92)

以上が、どうやら新潮社より出版されるようです。
ずっと読みたいと思っていた、『族長の秋』が復刊。嬉しいです。

これを知った後、やたらとガルシア・マルケスの情報を探し求めるとこんなものを発見。青山ブックセンターでのイベント情報です。

『わが悲しき娼婦たちの思い出』『コレラの時代の愛』
(ガブリエル・ガルシア=マルケス全小説/新潮社刊)刊行記念
木村榮一×高橋源一郎 トークショー 『物語は永遠に』


ガルシア・マルケスを高橋源一郎が語る。高橋源一郎の作品が結構好きな自分としては、この組み合わせに運命を感じました。しかも、今日から予約開始。これは行かなければならないと思い、早速青山ブックセンターに電話して、ブッキング完了です!

当日に向けて、『わが悲しき娼婦たちの思い出』と『コレラの時代の愛』を予習しておこうと思い、たった今アマゾンでも注文しました。楽しみだ。
comments(1)  trackbacks(3)  

スポンサーサイト

-  -  

COMMENTS

Posted by piaa at 2006/11/28 11:59 PM
こんばんわ
当ブログへご訪問ありがとうございました。
こちらのブログと「地震で僕を殺そうとした愛すべき本棚」を拝見させていただきましたが、翻訳本の好みはかなり私と一致しているかなあと思いました。(私は激しく翻訳の方に偏っているのでアレですが・・・)
「世界にはまだまだ読まなければならない本がある。だから、長生きしなければならない」 全く同感です。





 

TRACKBACK

P&M Blog at 2006/11/30 10:35 PM
新潮社『ガルシア・マルケス全小説』詳細
 やっと「わが悲しき娼婦たちの思い出」を買えた。  この中に、この本を皮切りに今後順次出版される『ガルシア・マルケス全小説』の案内が折込まれていたので発売予定順に紹介する。 06年9月「わが悲しき娼婦たちの思い出
ガルシア at 2007/05/29 11:41 PM
ガルシアのバッグ
ガルシアマルケスのファションは女性の心を軽井沢のように爽やかにするブランドかもしれません。ガルシアマルケスの魅力は、バッグひとつとってもそうですが、自分らしさを表現できるファションのような気がします。ガルシアマルケスのバッグだけでなく、洋服、革製品、
- at 2007/06/01 10:12 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
TB URL >> http://yk-shio.jugem.jp/trackback/9
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>